Read Article

リプニツカヤ選手、ショート5位!父は軍隊で蒸発?!【画像集】

リプニツカヤ選手、ショート5位!父は軍隊で蒸発?!【画像集】

フィギュアスケート女子、ロシアの新星が最近話題になっている。
ユリア・リプニツカヤ(15)
抜群の柔軟性と上手なジャンプで女子団体戦で1位に輝いた今注目の選手だ。

一気に注目されたこともあって、最近ではキム・ヨナ選手に関するインタビューや、記者への厳しい対応などが採り上げられて話題になっている。

また、20日に行なわれたショートプログラムでは、5位にランクインし、メダルの射程圏内に入った。

そんな彼女が、壮絶な家庭環境で育ったということは日本ではまだあまり知られていない。
今回は、その笑顔に隠された壮絶な生い立ちを採り上げる。

壮絶な過去

リプニツカヤは1998年、ロシアのウラル山脈に位置するエカテリンブルクで生まれた。
この時、母親ダニエラ・リプニツカヤは18歳、しかも未婚の状態で彼女を生んだという

父親は、徴兵によって軍隊に連れて行かれると、二度と母親の元へは戻ってこなかった。
そのこともあって、リプニツカヤの母は、女手一つで彼女を育てなければならなかった。
リプニツカヤがスケートを始めたのが4歳。幼少期の頃について、彼女の最初のコーチのエレーナは、
「最初、ここまで勇気のある子を見たことがなかった」
とコメントしている。
何度も何度も転んでも起き上がり、決して泣くことがなかったという。

その強い心は、母子家庭と言う特殊な家庭で育て上げられたことが大きく影響しているに違いない。

リプニツカヤが10歳になると、もうエカテリンブルグで彼女の腕を磨くことはできなくなっていた。
母は娘をモスクワへ移住させ、彼女は本格的にトレーニングを開始することになったのだ
そして彼女は単身、車で3日間かけてモスクワへと旅立つのであった。

モスクワに移り住んでからは彼女のスケートへの想いはますます強くなっていった。
彼女は、モスクワへ送り出してくれた母への感謝の気持ちを常に抱いており、リンクの上で最高の演技をすることが彼女の「義務」であると感じていたようだ。
彼女のしなやかな演技の中に込められた力強さは、母への強い愛の結晶なのかもしれない。

リプニツカヤの可愛らしい画像たち

壮絶な過去を持っているとはいえ、彼女はまだ15歳の少女。笑顔がとても可愛らしく、人気急上昇中である。
今回はロシアで話題となっている彼女の画像をいくつか紹介したい。

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ25

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ

リプニツカヤ
ショートプログラムは5位。
果たして彼女はこれからどこまで上り詰めていくのだろうか?

(オススメ!:リプニツカヤがフィギュアスケート世界選手権2014で来日!【最新画像】

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Facebookでコメント

Return Top